撮影・編集についての質問

最新の質問は一番上にあります。

Q 動画の形式やサイズに規定はあるか?NEW
 形式に関しては特別規定はございませんが、特殊な形式ではなく、AVIやMOV,MP3など一般的な形式での投稿をお願いいたします。
 サイズは編集の都合上フルHD(16:9)まででお願いいたします。(4Kなどの高画質で送信されますと、エラーが発生する場合がございます。)
Q 兄弟でや従姉妹と一緒に撮影をしたいが1人の動画じゃないとダメですか?NEW
コロナ禍の為、推奨はしていないのですが、親子、兄弟など近い関係であれば認めています。
ですので、この場合も、仲良しな従姉妹ということですので、お2人での撮影をしていただいて結構です。
Q 集まることが難しいので、団体としての参加が難しい
 できる範囲で構いませんので、テレワークでのご参加をお願いいたします。
 撮影については教会に楽器を保管しているなど各団体で事情がことなることと思いますので、その場合は教会での撮影をする際に3密(密閉・密集・密接)に注意をして撮影を行ってください。
 また、今回限定の団体での投稿も可能ですので、普段できない他の団体に声をかけての共演や、鼓笛活動に参加できないお知り合いの方にもこれを機会に参加してもらい演奏することもできますので、ぜひご検討ください。
Q 【10万人のテレワーク大合奏】「全体の合奏動画」での各団体が映る時間はどれくらいになりそうか
まず、今回のコンテンツタイトル
【少年会員10万人のテレワーク大合奏】について
名前の主旨は、
「毎年こどもおぢばがえりに参加する少年会員が10万人おられるという事から、その10万人の少年会を対象とした大合奏である。」
という意味合いがございます。
そして次に、大合奏には2つの考え方がございます。
それは、“音”と“映像”です。
まずは、全参加者の“音”については全て重ねさせていただく予定です。
なのでこれで一応「“音”の大合奏」は実現致します。
次に、“映像”についてですが、もちろん対象となる10万人の少年会員全員がこの大合奏に参加していただきたいという思いでおります。
しかし、もし本当に10万人の少年会員が全員参加した場合、映像の理論上の登場秒数は、
曲が約3分(180秒)と考えて、その中に10万人の映像を入れようと思うと、1画面中に555人を1秒表示させる事が出来れば、180秒だと、約10万人という計算になります。
しかしこれは現実的な数字ではないとも考えております。
集まった人数にもよりますが、まずは現実的な数字として、全参加者の音のmixをした大合奏の音、約3分間の曲の中に、映像としてはだいたい1000人ほど登場していただくイメージで考えております。
その大合奏の映像を、団体数÷1000人の本数分、大合奏の動画を作るイメージです。
そうすると、1画面に1団体30名ほどの隊が、約6秒間登場できる計算となります。
今回は人数がバラバラの団体が参加する為、全員が同じ秒数、同じスペースというのは物理的に不可能です。
なので、こちらで前半は少人数の団体で、後半に行くにつれて人数が増えてくるという構成にしようと考えております。

(※この1つの動画につき1000人ずつという数字も、合計参加者数により増減いたしますこと、ご了承ください。)
(※大合奏の動画の他に団体毎の動画も投稿予定であることをご理解ください。)
Q 教会での撮影をしてよいか
 楽器の保管場所や、大きな音を家で出すことが難しい方も大勢いらっしゃると思います。
 できる限りは自宅での撮影にご協力をお願いいたします。もし教会で撮影される場合は3密(密閉・密集・密接)に注意をしてできれば撮影時間をずらして一人ずつの演奏など、工夫をしていただいた上での撮影をよろしくお願いいたします。
 なお、集団で撮影された映像で趣旨と異なる状態であるとこちらが判断した場合は、大変心苦しいのですが、その団体の動画の公開は差し控えさせていただきます。
Q どのように撮影したらよいですか
 現在、基本音源・見本映像として各パートの動画を、このホームページ(またはYouTube)にて投稿しております。
そちらの動画を見て練習してもらい、撮影の時にもその動画を見ながら(または聞きながら)演奏しているところを、イヤホンなどで聞きながらスマートフォンやビデオカメラで撮影してください。
 その際には動画冒頭にある諸注意を守って撮影してください。
※諸注意
 ・カウントの時に一緒に声をだす
 ・ドラムマーチの部分も撮影する(ドラムマーチがない楽器も)
 ・演奏終了後にしばらく止まったままの姿を撮影する(「オッケーです」と言われたら撮影を終了してください)
Q 撮影時には、顔を映さなければいけないか
 顔を含めて撮影の角度などの撮影スタイルにつきましては、各団体もしくは各個人で決めていただいて構いません。
 顔出しを避けたい方は顔を入れずに撮影をするなどの工夫をお願いいたします。
Q 1回の撮影で、兄弟など同居人をまとめて同時に撮影してもよいか
 出来れば個別での撮影にご協力ください。なぜならば、個別に撮影していただくと、編集時に映像や音のズレが修正できる為です。
 しかしこれも、絶対1人で撮影しなければいけないということではありませんので、できる範囲でお願いいたします。
Q 編集の仕方は自由か
基本的に編集者の方にお任せいたしております。
ただし、以下の点をご確認ください。
・ドラムマーチの部分がカウント部分から撮影されている。
・演奏終了後数秒は動きが止まった時間がある
Q 編集時に常に全員が動画に映っていなくてもよいか?
常に全員が映っている必要はございません。団体によっては2名の団体もあれば、100名を超える団体もございます。常に全員が映っているようになってしまいますと、100名以上の団体では誰がどこに映っているかもわからないよう動画となってしまいます。また編集者さまにも調整が難しくなってしまいます。
今回の【10万人のテレワーク大合奏】では「全体の合奏動画」の他に「各団体ごとの動画」も投稿予定でございます。ですので、ぜひ動画編集の際には、各団体ごとに投稿する動画で1本の作品となるようなイメージでそれぞれの出演者の配分をしていただければと思います。
無理矢理に小さい映像を並べる動画を作成するのではなく、参加者一人一人が輝けるような編集をしていただけるのが一番であると思います。

 

(2020.6.18 更新)